2019年09月18日

後期受検の申請受付開始!

今日から、後期受検の申請受付が開始されました。
Web申請の方、トラブルなく受理されるといいですね。
郵送の方。
お忘れ物の無いように送りましょう〜。

というわけで。
もちろん、私も朝イチで郵便局に行ってまいりました。
相変わらず、郵便の人です(笑)

なんですかね…。
よく気持ちが持つなぁと、自分でも感心しますよ。
結局は、一緒に学び続けている仲間がいるから、かな〜と思います。
一人だったら、とっくにくじけてる。
みんながいるから、頑張れるんだな、ということを実感します。

今回、2級の教え子さんの中には、一度、受検をお休みします、という方がいらっしゃいます。
過去にも何人かおります。
やっぱり、不合格が続くと気持ちが萎えるもんね…。
もう無理かな〜
私には向いていないんだろうな〜
なんていう気持ちでいっぱいになりますもん。

幸いと言うか。
1級は、1年に1回しか受検ができません。
ですから、この発表後に次をどうするか、悩む時間がたっぷりあるわけです。
もうやめようかな…、と思っていても。
学ぶ仲間に引っ張られながら、やっぱり頑張ろうか、という決心になったりします。
2級の場合、まずショックがあって。
そこから決心するまで、わりと時間がないわけですよ。
申請締め切りは、10月2日の消印まで有効です。
それでも、1ヶ月ないのね。
ショックを受けて。
しばらくはもう考えたくないや…、となって。
でも、そろそろか。
う〜ん。
という期間が、1ヶ月ない。
なかなか大変だよね。

ま、私については、諦めるわけにはいかないという気持ちがあって。
今までずっと対応してきた2級の教え子さんに、顔向けできないですからね、やめたら。

とはいえ。
あのストレスフルの日々が、また待っているのかと思うと…。
ゲンナリしますわ。


2級の教え子さんたちも、わりと顔ぶれに変化がでてきまして。
そりゃそうだ。
合格された教え子さんたちが多いからですね。
今期から、初対応という方もチラホラいらっしゃいます。
ですので、改めて基礎的な部分も早いタイミングで対策しようかな、と考えています。
(だって、初受検さんもいるから)

10月は、個別指導と実技対策講座基礎編を用意しています。
ご都合が合えばぜひ。

そして。
論述に関しては、解答例と解説のおゆずりもしています。
詳しくはお問い合わせください。

一応、今回の第22回論述は、私の解答で70点でしたので、自信を持ってご紹介できますよ。
(現在、ネットでの開示はしておりません。)

本当は、ZOOMとか使って、対策講座をネット配信できたら、と思っているのですが。
何しろ、アナログ野郎なもんで(笑)
対応するにも、準備の時間がありませんぜ。
ネット環境の会場であれば、スカイプ中継もありなのかな〜
う〜ん。


まだ受検を悩んでいる方。
受けなければ受からない、ですよ!
不合格の傷は、合格でしか癒えないですよ!←認知の偏り(笑)

今回の合格で、根拠を持って指導できるかな、と思っております。
自分が合格した時の古い情報と知識だけで教えている先生より、ずっと良い先生だと思うんだけどな〜
なんちゃって。


論述試験まで、あと3ヶ月ありません。
できることは、始めていくよ〜!!

指導や講座のお問い合わせは、ホームページからどうぞ。
posted by みょん at 12:43| 千葉 ☀| Comment(0) | 受験対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月08日

2回目の2級技能士受検そして合格!

ワタクシこのたび、第22回の技能検定2級に再受検していました。
(学科は1級の一部合格をつかい、実技だけ受検しました)

理由としてはいくつかあるのですが。
1.スキルチェック
2.実技を指導している者としての責任
3.指導している内容に間違いがないかどうかの確認
ということです。

5年ぶり(前回の合格は第12回)の2級受検。
教え子からの報告を毎回のように聞いていて、また、合格率の低下を見て、なかなか難しい試験になってきたな、とは思っていました。
私が合格した第12回は、実技の合格率が17%でした。
初めて、20%を切った難しい回と言われました。
その後はどんどん下がり続け、前回は12%でしたね。
今回は、16%にまで回復しました。

今回受検して、口頭試問が変化していることを知りました。
たまたま同じ組で受検された方たちと、終了後にお茶をしたのですが、前回から変わっていたとのこと。
あーそうなんだー。
教え子からの報告はありませんでした。
きっと、その変化に気づかなかったのでしょうね。
でもそれは、重要なポイントだと感じました。
合格率が下がったのは、そのせいだったのかなぁなんて。

ちなみに点数ですが、論述・面接ともに70点以上です。
でも、面接は初回受検時よりも下がってしまいました(泣)
とても残念です。
私のスキルが下がった、とは思いたくないのですが…。
いろいろなことに気づき、また、学びを深めていることの弊害も、あるかなと感じます。
そして、実は相手によって得手不得手があることを実感しているからです。
不得手というか…。
初回合格時は、ロールプレイの相手が学生さん(事例1)だったんです。
そう。学生は得意なんですよね、きっと。
そして今回は、中高年男性。

実際には、もう少し広い視野で対応すればよかったな、という振り返りがあります。
この振り返り後に今、点数をもらってみて、やはり、ここが肝だな〜と。
これができていたら、もう少し高かったかもしれない…。
ま、さすがに最初の80点を超えるというのは、難しいかもしれませんね。
狙ってはいたのですが。
少しだけど下がってしまったことに、負けず嫌いが発動しています(笑)
また来年、受検するかもしれません。

熟練レベルを安定的に保持していくことは、自己研鑽の一つではあると思います。
そして、2級を誰に教わろうか…と迷う人にとっても、責任を果たせるのではないか、と感じています。

今回の振り返り会では、私の受検内容を含めてお話しします。
かなぁりお得な会になると思いますよ!
受検生の振り返りだけでは、なかなか本質には迫れなかったりして。
私自身の論述解答と点数、そして、面接の内容と点数。
すべて、開示します。
そのうえで、なぜこの点数なのか、という解説。

このブログを読まれている方。
友人知人の受検生に、ぜひ、おススメください。
残席はまだまだ余裕がありますよ〜。
お待ちしております。

https://www.career-smile.net
posted by みょん at 14:36| 千葉 ☀| Comment(0) | 受験対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

受検結果の発表

5日にWeb上で、技能検定の試験結果が発表になりましたね。
今回は、16%ということで、前回よりも実技合格率が上がりました。
受検された人数は減り、合格者は増えているという状況。
何が違うんだろう?

聞いた話によると、前回からどうも口頭試問が変わっていました。
これに適切に対応できていなかった人も多かった気がします。
結構、重要なポイントだと感じたので。
これに対して、今回は対策をされた方もいらしたのかな〜と思いますよ。

ハガキの到着が、以前であれば翌日には到着していたような気がするのですが、遅い傾向なのかな?
自分の1級も、翌日には到着しないことが多いような気がします。
でも、5年前の2級実技合格時は、金曜日の夕方にはポストにあったような…。
それを持って、打ち上げに行った記憶があります。

ずっと受検者の指導をしていますが、今は教え子が激減しています。
ホームページは持っていますが、さほどの広告にはなっておらず(笑)
当時の教え子はみんな合格して抜けていて。
その教え子さんが、ポツポツ紹介してくださっているという状況。
大手有名どころには敵いませんよ。
ただ、内容はどちらがいいのか、講師はどうなのか、ということはいえますけど。
でも。
そこの悪口をもしここに書いたとしたら、それは私が指導者としてどうよ?ということになりますよね。
ま、私は指導だけで生計を立てているわけではないので。
今は、必要な方に提供する、サポートする、という今の状態で構いません。
新規の方がホームページやブログから来てくださることは少なくなりました。
その分、必ず、合格された方が次の方を紹介してくださる。
これが大切な気がしています。

私の指導に納得をし、結果に満足をされたからこそ、ご紹介だと思うからです。

ということで。
今回もポツポツ、教え子さんの結果報告が始まりました。
みーんなが良い結果とはいえないのが悲しいところ。
とはいえ、教え子さんの人数そのものが多くないので。

実は、ずっとここでは秘密にしていることが一つあり。
それについては、明日以降のカミングアウトになるかな、と思います。
お楽しみに♪


そうそう。
14日の振り返り会ですが、合格者がお一人参加されます。
かなり細かく評価区分ごとにお話をしてくださる予定ですので、今回の参加は大切だと思いますよ。
口頭試問も違うし!
ぜひ、来てくださいね〜。
posted by みょん at 08:55| 千葉 ☀| Comment(0) | 受験対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月01日

夏、終わり?

なんと、長きにわたり更新を放棄していたら、9月になってしまった。
ブクマしてくださっている方、ごめんなさいです。

今年は夏が短いような気がします。
昨年が暑すぎた…。
7月の合宿帰りから、アホみたいに暑くなった昨年。
猛暑日続きで、エアコンを使用しないで過ごしている我が家ですら、2回ほど稼働しましたからね。
ホント珍しい。

今年は、1度も使わないまま、夏も終わろうとしています。
先週かな。少し涼しい日が続きましたよね。
台風の後から、また残暑が戻ってきましたけど。
それでも、朝晩は少しだけヒンヤリした風も吹くようになってきています。
もうすぐ夏も終わりだな〜。

夏が終わり秋が来ると、あっという間に冬になってしまう…。
そう。
考えないようにして、逃げている試験がまたやってくる。
残念な結果を受け取ってから、コツコツとやっていれば良かったのに。
意欲が上がらず、月1回くらいの割合で、仲間とぐちゃぐちゃ話すだけ。
ちゃんとした取り組みはしていない。
やればやるほど、わからなくなってしまうから。

自然体で臨む。
それが今回の目標。
それは、学ばない、取り組まない、とは違うはずなのに。

今日から9月。
いろいろとストレスの溜まる毎日で、怒りやら情けない思いやらに押しつぶされそうな日が続いていて。

それでも、明日はくる。
posted by みょん at 21:39| 千葉 ☀| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月11日

うちの子、入院中

とはいえ、ぬいぐるみさんのことです。

我が家では、ぬいぐるみでも「うちの子」です(笑)
そこそこの大きさがあり、キャラクター設定も名前もあり、その子たち特有の動きや性格や声があります。
はいはい、私が全部、吹き替えてますよ!
それぞれの声も変えますよ!
家庭内声優状態です(笑)

で。

うちの子の一人が、入院中です。
要するに、修理ですね。
「新品を買った方が安いんじゃないの?」という次女っ子さんの声は却下。
ふふ

申し込んでから、1年半以上も待ちましたよ。
人気なんだなぁ。
確かに、もう二度と手に入らない、思い出のたっぷり詰まったぬいぐるみさんは、専門の人に直してもらいたい。
分かる気がします。
(直す、ではなく、ここでは、治す、になるのですが)

8月1日に到着するように配送し、5日に先生の診察を受けたようです。
これから、手術や治療に入るわけですね。
(えっと、何度も言いますが修理ですよw)
綿の入れ替えや、洗濯(エステらしいですけど)がされて、きれいになって帰ってくる予定です。

楽しみ。
そして、いないことがさみしい我が家の家族たちなのでした。

ぬいぐるみ病院↓
http://nuigurumi-hospital.jp/

デビ1.jpg
デビ2.jpg
posted by みょん at 18:43| 千葉 ☁| Comment(0) | 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月07日

暑いよ〜

今年の夏は、梅雨明けが遅かった分、まだ始まったばかりという感じですが。
スタートダッシュしてくれているのか、毎日毎日、クソ暑いですな。
台風も一気に3つあって、海水温度もかなり高いのでしょうね〜。

そんな中、うちの短大生も夏休みに入り、例年通りにワークショップを開催しています。
「必要なんですか〜」と問う学生に、「必要じゃなかったらやらないんだよ〜ん」とか軽く言っていますけれども。
この暑い中、授業でもないのにまじめに来ている学生を見ると、偉いなぁと思いますね。
私が呼んでいるんですけど(笑)

梅雨が明けてから、まだ2週間も経っていない気がするのですが、もう来週はお盆なんですね…。
早い。
夏の終わりも、いつもと同じ時期だといいんだけど。
梅雨明けが遅かった分、残暑がダラダラ長いのはイヤだな。
暑いと、それだけでしんどいし疲れが増す気がします。
何より、イライラするし。


さて。
自分の勉強は一向に進んでいないのですが。
なんというか、初心に戻ってしっかり論述を考えたりしているのですが、今になって迷いやら戸惑いやらでてきて、不調です。
基本的なことを考えればいい、と思ってはいるのですが。
何を問われているのか。
どこまで考えるべきなのか。
どうしていいのかわからない感じ。
イヤですね。


とにかく今は、勉強も大切だけど、体調管理の方がずっと大事なのかなと思います。
水分摂取に励みながら、お仕事を頑張りましょう。
posted by みょん at 13:54| 千葉 ☁| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月24日

パンプス論争

最近、出てますよね。
オフィスでパンプス、強要するな!みたいな流れ。
個人的には、どっちでもいいじゃんって思ってるんだけど。
履きたい人もいるだろうし。

私自身は、パンプス好きです。
できれば、高い方がいい。
かといって、10センチのピンヒールみたいのは、無理(笑)
それに、ファッションと合わないと思うんだ〜。

ごく一般的なオフィス向け服装、もしくはスーツで働くことが多いので、普通のパンプスです。
でも好みはある。
ヒールは7センチが好き。
つま先は、尖っているかスクエアがいい。
丸いのは好きじゃありません。
甲の部分も、丸いのは選ばないようにしています。
足が短く見えるような気がして。
長くもなければ細くもない脚なわけですから、少しでもすらっと見せたいじゃないですか!
でも。
疲れるし、痛くなるんだよね〜。
足の裏、魚の目ガッツリあります。
左右に一つずつ。
あとなぜか、右足の小指外側に。
左右で足の大きさが微妙に違うからか、右の方が少しきつく感じる。
そのせいで、右足の小指外側には負担がかかっているんだと思う。

パンプス強制するな!という論争については、ホントどうでもよくて。
共有するなよとも思うけれども、合う合わないもあるしな〜とも思っている。
うちのオフィスは、まったく強制されていません。
学生が夏休みの期間は、私自身もがっつりクールビズしていて、普段着で働いていますよ(笑)
露出はしませんし、デニムも穿かないけど、普段着ですね。
スニーカーもありだし。
ビーチサンダルやクロックスは、自分自身が好きじゃないので履きません。
クロックスは、私の美意識の中では「ナシ」なアイテムなので。ごめんなさい。

誰か(法人個人関わらず)と接する仕事の場合、相手が不快不愉快にならないかどか、が基準だとは思う。
もちろん、100%ではなくて、少数意見もあるとは思うけれど。
あとは、本人の健康問題とかね。
そんな一般常識のような基準を満たせば、なんでもいいじゃん、って気がしております。

私はしつこくパンプス派です(笑)
すきなんだから、しょうがない。
痛いの我慢してまで、履きたいんだから。
←アホ。

でもさ。
履き心地が良くて、あんまり痛くならなくて、それでいて、ダサくない(あくまでも私基準)パンプス、探しているんですよ。
ずっと前に、すっごく気にいっていたパンプスがあって。
履きつぶしては、同じものを買い直す、修理してまでそれを履く、というパンプスがありました。
これ、なくなっちゃったんだ〜。
いつも買っている靴屋さんいわく、メーカーさんがこの木型での生産を辞めたから、らしいです。
えー、なんでー!
私のためだけに作ってほしい(爆笑)
コレ以来、私好みのパンプスを捜し歩く、ジプシーさんになっております。


そういえば。
ワコールがパンプスも出しているの、知ってます?
ブラジャーと同じ、無理なくフィットさせるというコンセプトらしいけど。
船橋東武の靴屋さんの中に、少しだけ置いてあるんですよ。
先日、試着してみました。
いいよ、フィットする。
軽く店内を走ってみたけど、違和感なかった〜。
一足、23,000円くらいだったかな。
お高いね〜。
清水の舞台しようかと思ったんだけど、いかんせん、若干デザインが普通すぎる。
←まったく個人的な好み

でも、アレだったら講師やってても、ラクそうだよね…。

8月は講師の回数が多いから、買ってみようかな。

ジプシーして、7,000円くらいのを買っては捨て、を繰り返すなら。
23,000円を清水した方が安上がりなのでは?
という気持ち。

もうすぐ誕生日か…。
いや、オットさんにこのパンプスを買ってもらえるだけのお小遣いを、あげていないと思われます(苦笑)


パンプスは、強制されなくても好きだから履く。
それでヨシ。

でも、魚の目も治したいな〜。
←わがまま。


ちなみに。
男性のサンダル、クロックスは、受け入れません。
それで電車に乗るなんて、私的にはもってのほか。
単なる個人的好み。
だから、オットさんには押し付けています。
(もちろん、近所のコンビニ程度は全然どうぞ。つまり、デートで履いてほしくないだけですw)
posted by みょん at 10:36| 千葉 🌁| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月22日

自分の勉強

週末、自分の勉強を少ししました。
土曜日は、論述を1問だけ書いてみて。
今までのように、スムーズには書けずに愕然としました。

書いては消し、消しては書き、を繰り返し、1問に1時間、かかりました。
今までは比較的、思いついたらスラ〜っと書いていて、修正はあまりしていませんでした。
ですので、40分〜45分で書いていたと思います。
いろいろなことに気が付き、そのせいで、迷い、悩んでしまうからだと思います。
ここを乗り越えれば、少しは成長できるのでしょうか。

面白いもので、自分が受検生にしていること、効果的だろうと思ってやっていること。
そして、キャリアコンサルタントとして心がけていること、できているだろうと思われること。
これがいっさい、1級受検には出てきていない、ということです。
どうしてなんだろう…。

試験は実務とは違う、なんて、よく聞きますよね。
でも、この試験は技能検定。
実務家のスキルチェックの場です。
となれば、同じはず。

実務でできていると思っていたのは、間違いだったのだろうか…。
本当はできていないのだろうか…。
それとも、受検というフィルターを通すことで、何か違う屈折率で見ているのだろうか…。

土曜日に自習をし、日曜日は仲間と二人で検討会を行いました。
2人で話していると、自分では見えていなかったものが見えてきます。

私自身が2級の受検生に話していることとして。
迷ったら基準は細目にある、と言っています。
そこに、自分も立ち戻らなくちゃいけませんね。
評価軸というか、芯というか。
それは、自分の経験や価値、信念ではなく。
まずは、細目を基準にしよう。

指導者レベルとして名乗るために、何をすべきなのか。
一体、何のために、指導者レベルという階級を持たせようとしたのか。
そこに立ち返る。
原点は大切。
初心、忘れるべからず。

すべては相談者のために。
これは、1級でも同じ。
posted by みょん at 15:28| 千葉 ☔| Comment(0) | 学び | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月10日

合同合宿

今年も恒例の合同合宿(ジョイントセミナー)に参加してきました。
今回は東京地区の運営担当ですので、実行委員として頑張りましたよ〜。
準備がことのほか大変でした。
facebookにも投稿したけど、ダイソー8店舗はしごですよ(笑)
でも、最後のアンケートに、それが良かったって書いて下さった方がいらして。
報われました〜!
月曜日はお休みにしていたのだけど、なんだかグッタリ。
若干、燃え付き現象かも知れませんな。

でも、いいね、合宿。
なんていうか、学び仲間との一体感が!
だって、70人以上も参加してんだから!
すごいよなぁ。

ゲスト講師もすばらしく。
よくもまぁ、報酬がないのに来てくれるよね。
あんな著名な方々が。
学びの意欲に賛同してくださっている。
ありがたいことです。
感謝しかありません。
どこぞの、高い報酬だけが目当ての講師とはわけが違う。
私も頑張らなきゃなぁ。

今度は、合同じゃない合宿もやってみたい。
東京と仙台支部があるし、北海道にもいる。
北関東あたりでできないのだろうか。
講師の方々のセミナーもいいけれど、ガッツリとトレーニングができる合宿も経験してみたいなぁ。
みっきーに言ってみよう。


今週末は、次女っ子さんが大学の研修で2泊3日。
体育の単位になるっぽいです(笑)
今から、「行きたくないな〜。めんどうだ〜」と騒いでいますが。
単位だから、行かないと進級できん。
ぽっかり空いた週末になるので、久しぶりに長女さんと2人でおでかけしてきます。
オットさんは、お留守番です。
ごめんね〜。

学生の就活もぼちぼち終わりそうだし。
1年生がスタートするには、まだ少し早い。
お仕事がやんわりヒマになるので、自分の勉強も進めなきゃね。

posted by みょん at 14:26| 千葉 ☁| Comment(0) | 学び | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月01日

相手を理解するってどういうことだろう

昨日、2級受検生の個別指導を午前中に。
そして、午後からは、2級さんの自主ロープレ練習の運営+自分の勉強(仲間と2人で)でした。

午前中も午後も、共通して考えていたのは、「相手を理解するってどゆこと?」ということ。
これもちろん、「会話しながら」です。
そりゃそうだ。

たとえばですけど。

この仕事は向いていないと思うんですよ。
と言われたら、なんて返します?
なぜ、そう思われたのか、ということは聞きませんか?
で、これこれが苦手だから、とか、答えてくれるじゃないですか。
これを、受け留めますよね。
あ〜、これこれが苦手だと感じられていて、だからこそ、このお仕事は向いてないと思われているんですね〜。

ここまでは、みんなやってると思いますが。
このあと、やってるのかな。
なぜ、それを苦手だと感じているのか。
そもそも、苦手って、どうして「苦手」と思ったのか。
はたまた、その仕事はそれができなきゃ、向いていないことなのか。
さらにいろんな疑問がわいてくる。

目の前の方を「理解」するって、どこまで聞いたら理解できるんだろう。
だって、たくさん疑問がわいてきて、それを全部聴いていたら、それだけで時間がなくなっちゃう。
それに、質問攻めみたくなっちゃうし。

ここのポイントが、細目にある「カウンセリングの理論とスキルを使いなさい」ということだったり、「自己理解は促そうよ」だったりするのかな、と思ったりします。
感情にアプローチしてみるとか。
自己理解の中でも重要な、内的キャリアが見えてくるとか。
そんなことを意識してみると、「どこまで聞きゃいいのよ」の答えに少し近づくのかな、と思います。

相手を理解するのは難しく、言っちゃえば、そんな数十分で理解なんかできないですよ。
でも、理解しようと努めているかは、姿勢として見るのかなと思ったりします。

となると。
自分はどうだろう。
指導の時、そこまで相手を理解してあげようと努めていたのだろうか。
うっすらと表層的に、わかったつもりになっていたんじゃないだろうか。

目の前の人が、そう思ったり、感じたりするには、必ず理由があって。
その理由がその人の中に生まれるには、何かしらのキッカケやできごとや要因があって。
だからこそ、そういう受け留めになっているわけで。
あーなるほどねー、そういうことかー、だからなんだねー。
と共感することが、理解なのかな〜

そんな風に感じた昨日なのでした。
そして、それは自分がしていなかったことで、また、非常に難しいことだなと実感し。
意識を改めなければ、ということも、同時に感じたのでした。

おわり。
posted by みょん at 12:04| 千葉 🌁| Comment(0) | 学び | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ファン